経済理論

大垣昌夫研究会

ゼミ紹介

突然ですが、UFOキャッチャーで今までに使ったお金がもったいなくて、なかなか引き下がれなくなった経験はありませんか?
これはサンクコスト効果と言うのですが、従来の経済学では人間は合理的な存在だと考えられており、このような非合理的な行動は想定されていませんでした。
しかし、行動経済学を学ぶことでより実際の人間の行動に沿った経済学を学ぶことができます!興味のある方は大垣ゼミで行動経済学を学んでみませんか?

教員紹介

大垣昌夫(オオガキ マサオ)

Ogaki Masao

少子高齢化による財政逼迫などの社会経済問題に直面している状況では、市場や公共セクターの働きを補完する共同体メカニズムの重要性が増していくと考えられます。多様な世界観(価値観や倫理観など)を尊重した共同体メカニズムを活性化していく方法を行動経済学で研究していくことが重要になっていきます。このような背景から大垣ゼミでは「人の世界観を尊重して行動経済学を研究する」というゼミの目的に共感して、特に3年生での「世界観が経済行動に影響を与える」グループ研究に喜んで貢献するゼミ生を募集しています。

PAGE TOP