秋季バレーボール大会

経済学部ゼミナール対抗バレーボール大会のページです
春季ソフトボール大会に続いて、秋季はバレーボール大会を開催致します。

経ゼミ秋季バレーボール大会について

経ゼミでは2017年度秋季バレーボール大会を開催いたします。

【重要】ノンゼミチーム募集のお知らせ
今年度より、研究会に所属していない学生でもバレーボール大会に参加できるようになりました!
⇒参加をご希望のかたは haruki.nakamura.soccer@gmail.com (企画担当・中村春樹)までご連絡ください!

詳細なルール等が決定次第、更新いたします。確認よろしくお願いいたします。

【重要】日程変更のお知らせ
10 ⽉16 ⽇、17 ⽇(予選)、18 ⽇(決勝)の3⽇間を予定していたバレーボール⼤会ですが、16 ⽇、17 ⽇は天気予報により⾬が予想されます。
そのため16 ⽇、17 ⽇(予選)は⾬の影響によるグラウンド不良が予想され、⼤会を開催することが困難と判断し、やむなく中⽌とさせて頂きます。
このようなお知らせになり、ゼミナール委員会⼀同⾮常に残念ではございますが、何卒ご理解を賜りたくお願い申し上げます。

2016年度情報

2016年度秋季バレーボール大会ルールブック(2016年10月26日更新)

2016秋季バレーボール大会対戦表(2016年10月26日更新)

11011031

  • バレーボール大会とは

経済学部ゼミナール委員会では、ゼミ内の団結力向上とゼミ同士の交流を目的に、
ゼミナール対抗のバレーボール大会を主催しています。

  • 日程

日時:10月31日、11月1日 9~18時

試合開始20分前に受付開始、10分前に試合会場集合を厳守してください。

 

  • 会場

日吉キャンパス

  • 持ち物

☆運動できる服装
☆ 飲みもの

☆ タオル

☆ 防寒具
※練習場所がほとんどないので、用具の持ち込みは禁止します。ただし、試合を行うのに必要な最低限の用具(ボール1個)はコートごとにこちらから支給いたします。練習したい場合、試合の合間で行うようにしてください。

  • 参加費

なし

    • 試合方式、ルール

・試合は6人制です。
・試合終了時に同点の場合は引き分けです

・デュースはありません

・ただし、試合終了時にラリーが続いている場合、それが終わるまで試合続行を認めます

・タッチネット、オーバーネット、パッシング・ザ・センターラインはそこまで厳しくは取りませんが、節度を守ってプレーしてください。

・バックプレーヤーがフロントゾーン(アタックラインの延長線上よりネットに近い区域)から飛び上がってネット上端より完全に高い位置のボールを相手コートへ返球した場合、反則になります

・ローテーションを行ってください。(同じ人が同じポジションにい続けている場合、注意させていただきます。)

☆女子ルール
・女子がサーブを打つ場合、自分のコートの半分のところから打つことが可能です。ただし、オーバーサーブを打つ場合は、通常のラインから打ってください。

・女子がきめた場合、得点は×女子の人数とします。

☆教授ルール

・試合開始時間に教授がいた場合プラス2点とする

・教授が決めた得点は3点とする

☆審判について

・審判は常任委員が行います。

・試合開始時間をきちんと把握すること。特に何分経過したかは重要。

・審判は〔自信〕と〔威厳〕をもって、判定を大きくはっきりと下すこと。

審判の判定に文句を言った場合はそのチームを負けにする場合もある。

☆その他
時間厳守でお願いします。

・試合開始時間から5分を経過してもチームがそろわない場合、不慮の事態を除き棄権とみなします。

・試合に関する抗議は試合中に行ってください。試合終了後の抗議によって、試合結果が変わることはありません。

・受付の際に各ゼミにごみ袋を配るので、必ずゴミは持ち帰るようにしてください。

・会場内は禁酒です。ベンチなどでの飲酒等の行為は硬く禁止いたします。発見次第、即刻失格処分にします

・喫煙は経ゼミが指定する喫煙所のみで可能です。所定の場所以外での喫煙を発見した場合、その研究会は即刻失格となります。

・コートではバレー以外のスポーツをすることは認められていません。サッカーボールやフリスビーのどの持参は禁止です。

・個人の所有物の紛失については,経ゼミは一切責任を負いません。

・ボールなどの持ち込みは禁止させていただきます。

・その他細かいルールについては、全てバレーのルールを適用します。

その他不明な点は企画まで。

今井 一輝   Tel: 080-2027-2653
小林 寛英   Tel: 090-1996-5884

Copyright© 2016 慶應義塾大学 経済学部ゼミナール委員会 All Rights Reserved.